千葉の葬儀で知っておきたい風習と費用について

葬儀には地域によって様々な風習があり千葉の場合も同様です。

現在では大都市圏を中心として家族葬などニーズに合わせたスタイルも広く利用されているものの、地方においてまだまだ風習に沿って営まれることも多く、参列をする際には事前に確認をしておくことが必要になります。


まず火葬の時期があります。

千葉では都市部では葬儀後に火葬が行われますが館山市や九十九里町など房総地域では前火葬が主流になっており、この場合、葬儀・告別式後すぐに納骨が行われます。

また、隣組で助け合う風習が残っている地域もあり、ここでは受付や会計など近隣の人が手伝うスタイルを用いています。

千葉の風習は都市部では少なくなってきているものの地域ごとに色濃く残っており、長寿を全うした故人で配られる「長寿銭」と呼ばれるものや、準備を含めて手伝いを行う「葬式組」などがあります。

ターゲットに応じた千葉で葬儀について解説いたします。

また地域によっては出棺に青竹の下をくぐって行うところもあり、通夜でも一晩中起きて番をする風習も残っています。
めずらしいものとしては「別れの杯」と呼ばれる親族全員でお酒を回し飲む風習や、葬儀後の行き帰りには誰に声を掛けられても返事をしてはいけないなどの風習もあり、特に地方での参列では事前に確認をしておくことが大切です。



費用に関しては母体数46件と少ないものの1つのデータを参考にすることができ、ここでは式自体では1、240、217円、飲食代446、739円、返礼品費用46、391円、会葬者数57人、参列者からの香典合計822、826円になっています。

また、他のデータで見た場合には全国平均195.7万円に対して238万円になっており、内訳としては葬儀一式費用140万円、飲食接待費用50.3万円、寺院費用54.2万円となります。