亀頭増大は成人後も可能?

ペニスのサイズは遺伝によって決まるわけではなく、思春期の過ごし方で決まるそうです。遺伝による影響を全く受けないわけではないが、その影響は少ないと言われています。ほとんどは思春期に分泌される男性ホルモンの分泌量によって決まるそうです。なので、成人後にペニスのサイズを大きくしようとしても、難しいということです。

それでは亀頭増大手術は効果がないかというと、そういうわけでもありません。亀頭増大手術は包茎などの病気を抱えている人が主に行います。包茎などの病気という悪い要素を取り除くことで、本来のペニスのサイズを取り戻すことができるでしょう。つまり結論を言うと、亀頭増大手術をすると根本的にペニスのサイズがアップするわけではないです。

包茎などの悪い要素を取り除くことで、本来の健康的な状態に戻すことができるという効果があります。増大手術の方法ですが、亀頭部分にヒアルロン酸やコラーゲンなどを注射で注入する方法が一般的です。短期的には、ペニスが物理的に増大した状態になりますが、ヒアルロン酸やコラーゲンは体内に徐々に吸収されていくため、個人差はありますが、数か月で元に戻ります。しかし、カリの部分に若干ヒアルロン酸やコラーゲンが残るので、カリが少し硬くなるという効果はあるそうです。

また、数か月ごとに注射を繰り返すことで、長期間ペニスが大きい状態を持続させることもできるでしょう。結論をまとめると、根本的にサイズがアップするわけではないが、注射によって数か月間サイズアップした状態が続きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *