亀頭増大を行うメリット・デメリット

亀頭は小さいとコンプレックスになってしまいます。そんなコンプレックスを解消するのが、亀頭増大手術になります。亀頭増大の手術は手軽で、亀頭周辺にヒアルロン酸やコラーゲン、バイオアルカミドやパーマネントフィラーなどの素材を注入するだけで大きくすることができます。注射一本で大きくすることができるため、10~20分程度で施術できる手術です。

価格は素材によって異なります。亀頭増大の手術を行うメリットは、ペニスを大きくするだけではなくバランスも整えられるというなどをとが挙げられます。また、注射した部分は皮が厚くなることから外からの刺激に強くなって、早漏防止効果も得られます。硬さも増すため性行為に対して自信を持つことができるようになります。

バイオアルカミドやパーマネントフィラーといった素材は、一度施術すると半永久的に効果が持続するというのも嬉しいポイントです。ただし、注射する部分によっては内出血を起こしてしまう可能性があります。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの素材を使った場合には、一年程度で体内に吸収されてしまうため大きさを維持したいなら定期的に施術する必要があります。経験の少ないクリニックで施術したときには、形が歪になったり、注射しても効果が得られなかったというトラブルが発生してしまうことも考えられます。

そのようなトラブルを避けるためには、実績と経験がある信頼できるクリニックに相談することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *