亀頭増大術で亀頭をほどよく鈍感にする

亀頭が敏感すぎるとすぐに射精してしまい、相手女性を満足させられません。女性の満足のためには10分以上は持たせる必要があると言われています。女性がオーガズムを感じるには男性より時間がかかり、3分などの短時間で達することはほとんどありません。男性には回数を増やしてカバーするという人もいますが、回数よりも時間が大切です。

回数でカバーする場合、次の性行為まで時間が空いてしまいます。すると性的興奮が減退してしまい、ムードが壊れていくはずです。だからこそ亀頭増大術で亀頭を大きくし、早漏を解消していく必要があります。亀頭増大術は亀頭増大・早漏軽減という主に2つのメリットを期待できます。

薬剤を亀頭に注入すれば、感度を適度に抑制できるのです。亀頭が小さくて悩んでいる男性は、包茎にも悩まされていることが多いです。包皮が被っていると刺激をダイレクトに感じることができず、それが原因で亀頭が皮膚化しません。粘膜状態の亀頭ですと、挿入して1分以内に射精するのもめずらしくありません。

3分以内に射精するようであれば、性生活に問題ありと考えてください。男性は射精すれば快感を得られますが、女性はそうはいきません。女性を満足させるためには、早漏はなんとしても解消する必要があります。亀頭増大術を受ければ早漏治療や包茎手術をせずに早漏を改善できることが多いです。

亀頭が鈍感になれば射精までの時間を調整できるなど、性生活の質は格段に向上するでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *