亀頭増大術を受ける際のポイント

パートナーとより濃密な時間を過ごせるようにするため、亀頭増大術を受けようと検討している男性は全国に大勢います。しかし検討はしてみるものの、手術を受けるメリットやリスク、流れなどをよく知らないばかりに尻込みをしてしまい結局何もしないでそのまま放置してしまう人は少なくありませんし、それは非常にもったいないことと考えられます。亀頭増大術をうけることでどのようなメリットやデメリットがあり、具体的にはどのような流れで手術は行われるのでしょうか。亀頭増大術を受けるメリットですが、軽度の仮性包茎であれば治る点やパートナーを満足させることができる点、早漏が改善できる点などが挙げられます。

亀頭が大きくなるため、皮が自然とむけますし、刺激に対しての抵抗ができるため早漏改善効果も期待できます。加えて、ペニス自体が大きくなるため性交時にパートナーがオーガニズムを感じやすくなり、お互いに満足感の高い性交ができるようになったという声も数多く確認されています。一方で考えられるデメリットですが、一定期間パートナーと性交ができなくなる点が挙げられます。感染症などを防止する観点から手術から一週間程度は性交を控える必要があるため、パートナーと一緒に生活している場合や頻繁に性交をしている場合などには、事前にパートナーと相談をした上で一週間程度お互いに我慢する必要があることを理解しておきましょう。

手術は無料のカウンセリングをした後、ペニスに注射をして簡単に済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *