糖尿病だと包茎手術を受けるのも大変です

糖尿病とは、血糖値が上がり尿に糖が排出する病気の事です。

糖尿病になると細菌に対して抵抗力が弱くなり、包皮や亀頭部分に炎症を起こしやすくなります。さらに包皮と亀頭の癒着が強くなり締め付けも増す為、包茎具合はより進行し、むけにくくなります。その結果衛生管理も悪くなり、炎症もなかなか治りづらくなり、包茎がさらに進行するという悪循環に陥ってしまうので、その場合は手術が必要です。こうした炎症は軟膏を使用すれば一時的に改善します。しかし再発を繰り返す為排尿時にしみたり、平常時でも痛みやかゆみが出るようになり、その結果日常生活にも支障が出てきてしまいます。その為なるべく早めに手術をする必要があるのですが、糖尿病の包茎手術は化膿したり、切開部分の傷が上手くくっつかなかったりする等難易度が高い為、希望しても受けられない可能性があります。

近所のクリニックでは断られたから、地方から都会に出てきて手術をするというケースもある位です。そして何とか包茎手術にまでこぎつけても、手術前には色々と注意するべき事があります。例えば医者からこれまでの糖尿病歴を詳しく聞かれるので、血統や尿糖のデータを出来るだけ答えられるようにしておくと良いです。また服用している薬がある場合も、内容を話せるようにしておく必要があります。それから手術前は、食事に気をつけて体調を整えておくという事も重要です。あと無事包茎手術が終わった後も注意点はあります。もらった内服薬はきちんと服用し、術後はお医者さんの指示通りに経過観察を行って、何か異常があればすぐに知らせるという事も大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *