糖尿病は包茎手術が難しい理由

生活習慣病の一つとして知られる糖尿病は、血糖値が慢性的に高くなる病気です。

その状態が長く続くと、全身の血管に障害が起こり、失明や腎不全、心筋梗塞などの病気を引き起こすケースもあるので注意が必要です。ところで、この糖尿病が包茎を悪化させることがあるのをご存知でしょうか。たとえば、糖尿病になると細菌に対して抵抗する力が弱くなってしまうことが分かっています。そのため包茎が引き起こしやすい包皮や亀頭部の炎症が起きやすくなってしまいます。また、包皮と亀頭の強く癒着し締め付けが強くなっていくため、包皮が剥け難くなります。包皮が剥け難くなると不潔になりやすく炎症の原因となります。つまり、包茎の悪性化スパイラルに陥ってしまうわけです。そうならないように早めに包茎手術を行えば良いと考えるかもしれません。

ところが糖尿病の患者は先に述べたように炎症を起こしやすいということは、包茎手術後に化膿しやすいということでもあります。その結果、切開した傷の癒合不全が生じる可能性もあり、包茎手術の難易度が高くなってしまいます。そのためクリニックによっては包茎手術を拒否される恐れもあるのです。もし包茎手術を受けさせてもらえなかった場合は、手術が可能なクリニックを探さなければならなくなります。また、それ以前に糖尿病を治療することが求められることでしょう。このようなことにならないためにも、生活習慣には十分気を付ける必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *