亀頭増大の治療方法とは

亀頭増大の治療は、薬剤を注入する方法やシリコンボールを挿入する方法があります。

薬剤を使う方法は、亀頭のカリ部分に薬剤を注入して亀頭を大きくすることを目的とした治療になります。注射をするだけなので、治療時間も短く副作用も少ないことが魅力の治療方法になります。また、術後の痛みが少ないことも利点の一つです。亀頭に注入する薬剤は、人由来の成分でできているヒアルロン酸やコラーゲンなどの安全性の高いものが中心となってるため、アレルギーの心配が少ないです。薬剤注入方法のメリットとして、自然な感触と膨らみが得られることが挙げられます。最近では、仮性包茎の方も亀頭増大の治療を受ける傾向があります。カリ部分に薬剤を注入すると亀頭が膨らむので、包皮が亀頭にかぶらなくなる効果が期待されます。

亀頭増大の治療には、薬剤の注入以外にもシリコンボールを使う方法があります。シリコンボールを皮下に挿入することで亀頭が大きくなり、女性が性交時により強い刺激を得ることが可能になります。薬剤の注入やシリコンボールの挿入といった亀頭を大きくする治療は、経験と技術で仕上がりが違ってくるため、治療を受けるにはトラブルを防ぐためにも専門のクリニックや病院で行うことが大切です。亀頭増大の治療を行うと、亀頭が大きくなるだけでなく、亀頭周囲の厚みが出るので性交時の刺激にも強くなるため早漏の予防効果もあります。そのため、亀頭の大きさや形、早漏に悩んでいる方には亀頭増大の治療がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *