賃貸物件探しはタイミングが大事

賃貸物件探しでは、タイミングがとても重要です。

市場に出回っている賃貸物件の数が多い時期と少ない時期があり、少ない時期に探しても理想の物件にたどり着く確率は低くなってしまいます。入学や就職で人の動きが激しくなる4月より少し前は、物件数が増えます。年明けごろから活発に動くようになりますので、良い賃貸物件を見つけたい場合には早めに探し始めることが大切です。そこから約3カ月間は流通する数が増えますので、希望する条件を満たす物件も多くなります。

ただし、探している人の数も増えますので、ゆっくりと考えている暇はないかもしれません。とても条件の良い物件が出れば、すぐに決まってしまいます。チャンスを逃さないためには、不動産屋と仲良くなって良い情報が出た時にすぐに連絡をもらうことが最も手っ取り早い方法です。できれば迅速に内覧の予定を入れ、借りるかどうかを検討します。年明け以外では、秋ごろも人事異動の時期ですので物件数が増えます。

ただし、年明けほどではありません。動きが活発な時期には良い物件が見つかりやすいというメリットがありますが、動きの鈍い時期にもそれなりのメリットがあります。たとえば、借り手がなかなか見つからない場合、オーナーが賃料を下げて出すこともあります。敷金や礼金の一部をサービスしてくれたり、一定期間だけ無料にしてくれるところもあります。お得に借りられる可能性があるのが、動きの鈍い時期なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *