プロパティマネジメントの概要

プロパティマネジメントとは、不動産経営に関する様々な業務を、所有者の代わりに行う代行業のことをいいます。

不動産経営における所有と経営の分離という考え方に基づいており、それぞれの物件に合わせた対応を行っています。そして行う業務は、多岐にわたっています。まず、物件の稼働率上昇に伴う業務です。収益の拡大が一番の目的なので、空室にテナント誘致を行う際には、マーケット調査などを実施しています。また、テナント管理業務もあります。テナントとの窓口になり、良好な関係を築くことで、クレームや賃料の未払いの防止につなげていきます。

もちろん、入金の確認や各種支払い手続きといった出納業務も行います。そして、建物管理業務もあります。巡回点検や法定点検、自主点検、清掃業務などを行い、入居者・来訪者の満足度をアップさせ、建物の資産価値の維持と向上を目指しています。さらに、プロパティマネジメントと似た業務にビルメンテナンスがありますが、この二つは明確に異なります。ビルメンテナンス会社は、ビルの設備管理や警備、清掃などの建物作業管理を行います。

ここまでは同じですが、プロパティマネジメントは、テナント管理業務や出納業務など、不動産経営に関する様々な業務を行います。したがって、ビルメンテナンス会社の調査や選定、監督などもプロパティマネジメント業務に含まれます。不動産業界が大きく変わってきている現代において、資産価値と投資収益の両方を高めるためには、プロパティマネジメントは必要不可欠であるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *