異なる医師からの複数の薬の処方

アダラートは心臓や体の血管を広げることで血圧を下げる効果のあるお薬です。主に利用されるのは、慢性的な高血圧の方や、心臓の血管が細くなっている狭心症の方です。血管を広げ血圧を正常の圧に下げてあげることで、心臓の負荷も軽減できますし、糖尿病等が原因で、動脈硬化が進んでいる方に対しても、血管へのダメージを減らすことができます。

アダラートはカルシウム拮抗薬という種類に分類されるお薬です。この系統のお薬は効果が高く、安全性も高いことから第一選択のお薬としてよく選ばれます。
アダラートだけではなく、どんな薬でも飲み合わせの良いものと悪いものがあります。一番あり得るものとして、同じ種類の薬を飲むことによって起きる薬の効きすぎがあります。アダラートは降圧薬なので、他の種類の降圧薬を飲むときは注意が必要です。これには利尿薬も含まれます。おしっこは血液から作られるので、利尿薬を飲むことで、おしっこがたくさん出て血管内の血液が減少し、血圧を下がるといった効果があります。降圧薬の効きすぎで、血圧が低下し立ちくらみや最悪意識の喪失もあり得ます。他にも、ジゴキシンというお薬を飲まれている方であれば、併用時に注意する必要があります。ジゴキシンは心臓の収縮力を高めるお薬で、心不全の方に使用されるものですが、作用機序の中でカルシウム濃度を上げる必要があり、適量を考えずアダラートと一緒に服用してしまうと、ジキリタス中毒となってしまう可能性があります。ジキリタス中毒となると、不整脈が出る場合があります。そして、お薬を飲む際には水で服用することも重要です。ものによっては薬の濃度を高めてしまう効果があり、薬の効きすぎにもつながってしまいます。
 
飲み合わせが悪いものは他にもあります。最後になりますが、異なる医師から複数薬の処方があった場合には、自身が飲まれている薬をリストアップし、医者に診せ相談することが非常に大事です。